マクロツイーター

はてダから移行した記事の表示が崩れてますが、そのうちに直せればいいのに(えっ)

TeXのプリミティブで展開可能なやつ(2)

前回の続き。今回はpTeX系列について。

pTeX関連の補足事項

  • upTeXで「和文文字を含む\the-文字列」が生成される場合、和文文字トークンの和文カテゴリコードは、その時点における当該の和文文字に対する和文カテゴリコード(\kcatcodeの値)になる。もし和文カテゴリコードが15だったら、なんかアレなことになる。
    pTeXでは和文文字トークンは和文カテゴリコードを持っていない。
  • “フォント”の引数には、\jfont\tfontも使える。

pTeXのやつ

  • 追加のif-トークン(\ifdbox\ifddir\ifjfont\ifmbox\ifmdir\iftbox\iftdir\iftfont\ifybox\ifydir)☆

  • “漢字コード変換子”、すなわち\euc\jis\kuten\sjis:直後に整数を続ける。展開結果は「当該の漢字コードで引数の整数を符号値に対応する和文文字を内部漢字コードに変換した結果の符号値」の十進表記。

  • \ptexrevisionpTeXのリビジョン番号の文字列。
    \ptexversion\ptexminorversionは読取専用整数パラメタ。

  • \kansuji<整数>:その整数の(一〇方式の)漢数字表記。
    \kansujicharで漢数字として使用する文字を変更できる。

upTeXのやつ

  • 追加の漢字コード変換子(\ucs

e-(u)pTeXのやつ

該当なし……かな?

※オリジナルではないが、最近のe-(u)pTeXでは\Uchar\Ucharcatが使えることに注意。

(続く)